• 2020.01.11

フラッシュバックという心理現象

2019年は僕に対する多くの批判的な評価を耳にすることが多かったです。

ほんとにとても多かった。

「葦木ヒロカが活躍できないのは篠原さんが無能だから」

「ヒロカさんと篠原さんは共依存だから離れたほうがいい」

「篠原さんは信用できない」

「篠原さんはプロデューサーとしても無能だ」

「篠原さんのやり方はなにもわかってない」

「プロデューサーというのは金を集めてくるものだ」

「あれは音楽活動じゃない。ヒロカちゃんにはもっと相応しいステージがある」

などなど。

厳しいご指摘、誠にありがとうございます🙇🙇🙇

それに対しての僕なりのみなさまへのアンサーを「フラッシュバックという心理現象」と題して書いてみました。

心理学とか心理療法の用語の中にある言葉「フラッシュバック」。

よく戦場からの帰還兵のトラウマ(心的外傷)を扱う時に使われたりするけど、こういう過去の経験が身体に記憶されなんらかの擬似体験をすると身体が自動反応を起こしたりする、そういう現象をフラッシュバックと呼んだりするわけだけど。

フラッシュバックや深いトラウマ(内的外傷)を持つ人への対応を知らない人が日本には本当に多いのが現状です。

その「フラッシュバック」ですが
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると


フラッシュバック (flashback) とは、強いトラウマ体験(心的外傷)を受けた場合に、後になってその記憶が、突然かつ非常に鮮明に思い出されたり、同様に夢に見たりする現象。心的外傷後ストレス障害(PTSD)や急性ストレス障害の特徴的な症状のうちの1つである。フラッシュバックという用語は過去に起こった記憶で、その記憶が無意識に思い出されかつそれが現実に起こっているかのような感覚が非常に激しいときに特に使われる。フラッシュバックが起きた場合には、必ずしも映像及び音が存在するとは限らない。記憶には様々な要素があるため、フラッシュバックは「恐怖」などといった感情や味覚、痛覚など、感覚の衝撃として発生し得る。フラッシュバックは、幼児期に経験した外傷体験を言語的に認識する能力を持たないまま記憶し、それでもなお忘れられない場合にも起こる。この、外傷体験を当初から取り込むことに失敗する現象のことを解離という。この記憶はまともに意識に上らないため、時間に抵抗し変造加工が困難である。また、それゆえにフラッシュバック性の記憶はその鮮明さにも拘らず言語化が困難でもある。さらに時間とともに霞がかからずむしろ原記憶よりも鮮明さは増す傾向が強い。

幼年期のトラウマの体験者は、これらの感情の記憶を意識化しないまま持っている可能性もあり、そしてフラッシュバックにおいてそれらを再経験する可能性がある。


という、なんかゴシャゴシャした感じになるわけだけど、やはりアメリカが心理学大国になったのはベトナム戦争、朝鮮戦争、イラク戦争など、いつも戦争がある国でトラウマ(心的外傷)を負った帰還兵がどうしたら社会復帰できるか?というテーマをいつも抱えている国だということも大きいような気がします。

そして僕はフラッシュバックを発生させるような強烈な体験をした二人の女性と同居しています。
昨日の記事「今こそ、お役に立ちたいです」も参考にしてみてください。

一人はカルト教団からの洗脳と夫の自殺を体験して昨今、自分の夢に向かって準備中です。
もう一人は幼少のDVと苛め。レイプ、セカンドレイプ、サードレイプで負った深い心の傷と向き合いながら
懸命に自分の人生を取り戻そうとしているシンガー
です。

僕は自分自身の幼少期のフラッシュバックと向き合いながら周囲の人たちのそれと向き合う毎日を過ごしています。
心身の中に埋め込まれた時限爆弾のようなそれは、なかなか手強いし、日々の暮らしからもたらされる学びやフィードバックはそれこそ半端ないのです。

そして僕をはじめとする当事者たちのハードな日常は外から眺めてわかりえるものではないです。

そしてまた常に日々、刻一刻と状況は変化します。

そのような中、2019年は僕はほんとに多くの批判的な評価を耳にすることが多かったです。

「葦木ヒロカが活躍できないのは篠原さんが無能だから」「ヒロカさんと篠原さんは共依存だから離れたほうがいい」「篠原さんは信用できない」「篠原さんはプロデューサーとして無能だ」「篠原さんのやり方はなにもわかってない」などなど。

そういう人たちはなにを見て、
なにを感じてそういうことがいえるのか?
わかりませんが実際の状況と照らして言えばその指摘のすべてがタイミングが違っていたり、そもそも的はずれだったりします。

ヒロカのフラッシュバックにしてもみなさんが知らない日常の中で爆発するのです。
幼少のDVや苛め、そして高校時代のレイプなど、複雑に絡まった課題はそんなに簡単ではないのです。

その中でヒロカも僕も必死に歩んでいる。

そのことをご理解いただきたいですね。

まずヒロカは「自分は愛されない汚れた人間」だと思い込んでいるのです。
それはどういうことかというと人前に出たり、プロジェクトが進み拡大すればするほど「自分はそれには相応しくない」と無自覚に判断し、
周囲の人間関係だけでなくプロジェクトまで粉々に破壊してしまう。

それがフラッシュバックというものです。

それが完治して自分の人生に前向きになることは簡単なことではないのですね。

僕は別にその人たちが無能というなら自由だと考えています。
なにを思っても自由です。

ただ僕の立場から言わせていただけるのなら、正直、様々な状況を知らないのに無責任に言うのはやめてほしいです。
その安易な意識や言動はセカンドレイプとかサードレイプというものと同じ性質を持っているからです。

人はよかれと思い、
人にアドバイスしたり、または場合により攻撃性を発露するのだけど、
そもそもそのアドバイスや攻撃性はあなたご自身のインスピレーションや創造力に変換できるものです。

他者に対してではなく自分の内部でエネルギー変換してインスピレーションやアイデアに変えていただけたらとてもありがたいです。

誰かに向けたくなるエネルギーは当然、あってもいいのだけど、それを発する前にその思いや攻撃性が囁く内面からのあなたへのインスピレーションに耳を傾けたり、あなたから他者が受け取れるレベルのアイデアに変えることが出来るはずです。

僕もそうしていきます。

僕は僕が真剣にやってきたことの名誉を自分自身で守らなければなりません。
それは僕にとってとても大事なことで誰にも犯すことが出来ない人権でもあります。

フラッシュバックから人権の話になりましたが
そのプロセスに存在するあらゆる衝動やエモーションまたさらにエンパワ一メントを含んでいるのが音楽だったり歌だったりします。

抑圧があり、その解放としての音楽があるのです。

音楽は生きることそのものの表現のひとつであり、
素晴らしいパワーを持っています。

今年はそういった存在から湧き上がる創造の側面にフォーカスを当てていきたいと考えています。

それはまさにヒロカや僕が歩んだプロセスをエンパワーメントとして社会統合していくプロセスです。

素晴らしい音楽をつくり、素晴らしいライブを提供するその基本は変わりません。

あなたの命を燃やしていきましょう!

僕も音楽を続けていきます!
Keep the Music Playing!


新たな世界を、自分から切り開き
つくることができる🌏✨
さあ、一緒にジャンプしよう❣️🐸

by 葦木ヒロカ

自分を抑え込む
あらゆる抑圧から解き放たれて
素晴らしい世界を創造しよう🌍✨

by 篠原正司

****************************************

【JUMP THE WORLD🌏Music Video】

可能性を、
今、飛び立つ翼に変えて!

(バリ島の美しい海や自然で撮影しました)
Jump the World Music Video
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

神曲「Jump the World」を全国、世界に届けるプロジェクト。2020も継続中。

LOVE SONG/葦木ヒロカ(美咲)
https://soundcloud.com/misaki-ashiki/love-song



おすすめ記事

葦木ヒロカfacebbokページ
葦木ヒロカクラファンを応援する
葦木ヒロカfacebbokページ
遺跡コンサート 遺跡コンサート~魂の交差点~
愛・創世記 プロデューサー篠原のブログ
youtube チャンネル登録 ヒロカちゃんねる youtube チャンネル登録はこちらから
葦木ヒロカ 歌姫チャンネルseason2 歌姫チャンネルseason2

ピックアップ記事

  1. 2020.10.21 | blog, hiroka-story

    💎10月17日(土) Aihi × ヒロカ、信州の2人の至宝が輝いた夜となりました💎【永久保存版】
    なんだろか?魂が…
  2. 2020.10.12 | blog, event, hiroka-story

    【報告!ゆたカエルによみがえる🐸】『本当の愛』をテーマに 7日間連続配信にチャレンジした結果…なんか、よみがえったカモ❤️
    怒涛の毎日の中で、報告するのが遅れ気味に!!改めて結…
  3. 2020.09.15 | blog, hiroka-story

    🔥全力投球!8月29日『ド真ん中夏祭り』ご報告❗️本当にありがとうございました🔥【永久保存版】
    はい! ヒロカです🐸💦…
  4. 2020.07.22 | blog, event, hiroka-story, Jumptheworld, jumputahime, JumputahimeNY, live-info, media, music-info, nihonisan, utahime-project

    葦木ヒロカ・オンラインファンクラブコミュニティ【SURVIVORS サバイバーズ】
    葦木ヒロカ・オンラインファンクラブコミュニティ【SU…
  5. 2020.07.12 | blog, event, live-info

    🌈7/18(土)はシンクロ率NO1な私たちのオンラインLIVE。お楽しみください🌈
    人が共通して持つ魂の声をすくいあげてつく…
お問合せ