天王星×牡羊座の新月に、想ふ。

私はいま、「あなたに会いに行きます」の
旅路の途中です。
全国47都道府県の歌姫やお友だちの輪を
つないでいくご縁結びの旅。

個人FBで逐次、旅のようすを更新中💕)

今夜は、九州・宮崎泊です。

美しい青島にて。

4月16日は新月🌑✨

天王星×牡羊座の新月だそうですが
潔く自分改革するための月で
潔さ』が肝心なんですって。

天王星は、不要なものは
跡形もなく壊してしまいます。
リセットボタンを押すこと。
そこから本当の自分の力が目覚めていきます。
もし本当に自由になりたいのなら、
「無くてはならないもの」を潔く捨ててみること。
私たちには「無くてはならないもの」はなく、
「無くてはならないと思い込んでいるもの」
に支配されています。
自由はその外側にある。
それが事実であることを知る唯一の方法は、
「無くてはならないと思い込んでいるもの」
を捨ててみることです。
全てを捨てた人だけに、キラリと
光る星が見える。
捨てる前に、壊す前には見つけることの
できなかった、自由への道を照らし出して
くれる天王星の力を借りることができます。

かとうゆか・ブログ/メルマガ

ガビーン!(古っ。)笑

私にとって無くてはならないもの。

それって、、、歌だよね!!

旅をしながら
ちょっと考えてたんだ。

歌によって助けられ
歌によって居場所ができて
歌によってご縁がひろがった
私の人生だけど。。

私から歌を取ったとしても
ある意味、本当の意味で丸腰になっても。

自分を誇れるか?相手を誇れるか?
目の前の人と深くつながり
出会いを祝いあえるか?

私はたぶんね。
ここの成長を促されている。
いや、自分自身で成長を促してる。
めっちゃ感じてる。

自分の強みだと感じ、
あえて強化してきた箇所を捨てるのだ。

私から歌を取ったら、なにも残らないんじゃないか??
良いとこ何もないんじゃないか?

という思い込みを、いよいよ卒業するときが
やってきてるんだな!! うむ。

弱くてもいい、恥ずかしくてもいい!
怠けものでもいい、ズルけてもいい!
かっこ悪くてもいい、ドジでもいい!
料理下手でもいい、そうじ苦手でもいい!
面白いこと言いたいけど滑っちゃってもいい!
話題提供してるはずが話混乱させちゃってもいい!
気を回してるつもりが空回りして
相手の邪魔になってもいい!
つまらない人って思われるのが怖くて
がんばっちゃう私も健気でかわいい!

そうだよね!

まずは、隠したいことを認めること。

別に恥じるべきことでもなかったことを
さらしながら、『うん、大したことは
なかったなぁ』と理解して受けとめること。 

固まった思い込みが今もこうして溶けてくのさ。

大丈夫。大丈夫。
歩いていける♪

私は歌だけでなく、存在で、言葉で、空気で
自分のいのちを、出会ってる大切な人のいのちを
祝い讃えられるのだ💕うれしいな!!

いざ、進んで参るぞ✨

まあ、ゆっくりお茶でも~~なペース。

なんだろか。
カッコつけてるつもりがなくても
カッコつけちゃう自分がいるなぁ。。

のろまでゆっくりな自分じゃ
また、いじめられてしまう。

だから、自分を変えなきゃって
もっと早くサッサと活動的な
人にならなくちゃ。

「嫌われないようにしなくちゃ。
強くならなくちゃ。性格変えなくちゃ。
自己改善だ!!」

って7才の時に思い立ち
がんばってきた。

周りにバカにされないように
がんばりすぎてしまった。

素直な自分を表現したくても
カッコつけしいの20年以上の
経験値とクセがなかなか抜けない💦

ほんとは、おっとり。
ほんとは、ゆっくり。
ほんとは、のほほん。
ほんとは、おバカ。

まあ、ゆっくりお茶でも~~

な自分のペースがあるのにな。

もうちょい、脱皮したいです✨

足元にある大切な夢。

だんだんと春の陽気が…
と思いきや、また少し寒さが
舞い戻ってきましたね。

今日は足元にある、大切な夢を
改めてお話します。

私がはじめて松本駅前の路上に
立ち歌いはじめたのが15年前の2月3日節分。
今のような寒空の下のことでした。

振り返ってみれば、そんな時期に
手をかじかませながらよく歌ったなぁ!
とびっくりします。

その当初はギターも何にも弾けず、作詞も作曲も
していなかったので「アメイジンググレイス」を
歌いました。
しがない高校生のアカペラの歌を、
立ち止まって聴いてくれた大人たちがいて
本当にうれしかったです。

音楽大学進学も諦め、不運つづきで
失意と絶望の中ボロボロになっていた時だったので

『あぁ、私は無価値な人間じゃなかった!
私にも何か出来ることがあるかもしれない!』

そんな予感に打ち震えながら、
初めて路上で歌った17才の夜でした。
その夜は興奮してよく寝れなかったことを
今でも覚えています。

その時の私は「私は決して無価値じゃない」
ってことを、自分自身に証明したかったのですね。

勇気を出して歌い始めたあの夜の私を、
誉めて抱きしめてあげたいです。

そして、あれから15年が経ちました。

自分なりにがんばって歌ってきました。
くよくよ、メソメソ、めげたりしたけれど
続けてきた自分を誇りに思います。

そんな今の私も、私自身が褒めて認めて
抱きしめてあげたいです。

この15年。
本当にいろいろなことがありました。
全国各地でお知り合いができたし、
ライフワークの遺跡史跡のフィールドワークも
ずいぶん進んだ気がします。
自主制作のアルバムもたくさん作り、
リリースすることができました。

また、うれしいこと楽しいことだけでなく、
私が未熟だったために迷惑をかけたことも
たくさんありました。
痛い想い出もたくさんあります。

それでも私の歌を好きになってもらい、
可能性や方向性に期待を寄せて応援くださる
みなさまに、心から感謝したいです。

そんな気持ちのこもった音楽活動。

いつものように勝手にCDをつくりリリースし
ライブする “一匹狼スタイル” から一歩抜け出して
今年は《みなさんといっしょに特別なものにしたい!》
と思いました。

【記念アルバムづくりという名の
 みなさんとの宝物づくり】

これがすでに、私の大切な夢なんです。

だから、すでに私の夢は
これを見てくださってる
あなたの愛で実現してるんです!
本当にありがとうございます!!

いっしょに深くつながって
いっしょに泣いて
いっしょに笑って
いっしょに感動して
プレミアムライブでお会いして
生まれてきたこと、生きていること
お互いに認め、励ましあい
お祝いし、そのいのちの輝きを
讃えあいたいです!

そして今回の取り組みが
私もみなさんも、自分の可能性の花を咲かせる
キッカケになったら本当に幸せです。

そんな夢を乗せた私の人生初めての
クラウドファンディングプロジェクトも
残すところ、あと半月となりました。

春分の日、新しいアルバム開花の瞬間を楽しみに
今日もワクワクしながら色々な準備に励みます。
みなさんも素敵な一日をお過ごしください✨

◆葦木ヒロカ15周年記念プロジェクト◆
やっと会えたね!
記念アルバムをあなたと一緒につくりたい!
https://camp-fire.jp/projects/view/61016

 

声の深みは宝物。

2月7日は、私の祖父母の家がある信州・安曇野市 三郷で
開かれたボランティア連絡協議会の交流会で歌わせていただきました。

私の祖父、祖母、母について私以上に知ってるみなさんとのひととき。
はじめましてなのに全然はじめましてではなく
『やっと会えたね』状態なのでした。びっくり!

私の心の内をお話しながらライブした為、
みなさんまるで娘か孫のように想ってくださったみたいでした。
一気に200人のおじいちゃん・おばあちゃん
おねえさん・おにいさんが出来たみたいな感じでした。

そして、この日のライブでとても嬉しかった事がありました。

CDを販売していたらとある女性が声をかけてくれ

『あなたのあれだけの声の深みは色々経験していないと出ないわよ。
お母さんから本当に大切な宝物をもらったね。』

と言ってくれました。
正直、私の家族のことを遠からず知っているみなさんの前で
私が幼少期受けた母からの心の傷、自分の経験をお話して歌うのは
少しだけ怖い事でもあったのですが、みなさんあたたかく
受けとめてくださり本当にうれしくありがたかったです。

よく考えてみれば、母はなんて愛情深いだろうとびっくりします。
「いのちを讃える歌」を歌いたい私は、
自分で自分のいのちを讃える経験がしたくて、
母に、その全部をまるごとセットで私に経験させてほしいな~!
と望んだのかもしれませんね。

母は私に、体、声はもちろんのこと、わだかまり
確執という出来れば避けて通りたいようなことですら
すべてのことをプレゼントしてくれました。
こちらのブログに色々綴ってます

おかげさまで今があります。

過去の悲しみ、苦しみは、今そういったものを人知れず
持っている人と響き合うことができる大切な宝物となりました。
そして歌声に艶と色と深みを与えてくれました。

全部のことが本当に、かけがえのない宝物で、ありがたいことです。

ボランティア連絡協議会のみなさま、関係者のみなさま。
素晴らしい機会を与えて下さり、ありがとうございました!

_____________________

《インフォメーション》

◆ヒロカと一緒にみんなでクラファン◆

2/6から人生初めてのクラウドファンディング
(通称:クラファン)にチャレンジしています。
あなたもいっしょに、15周年記念アルバムづくりの
輪に入りませんか?

◆葦木ヒロカ・15周年プレミアムライブ◆

信州/大阪/東京 3ヶ所で開催します!
【信州】3月24日(土)
【大阪】3月29日(木)
【東京】4月7日(土)
記念アルバムリリース直後に開催される
15周年記念プレミアムライブです♪
生まれてきたこと、生きていることを祝い讃え、
豊かな特別なひとときをご一緒しませんか?

◆3月21日リリース!『自由の女神〜The venus of Liberty〜』紹介動画◆

    → リリース情報はこちら!!

晴れ晴れとした、心の青空へ向かって!

さて、何から手をつけましょうか。

踊りは上手に踊れないので
歌でも歌いましょうか♪

本心を書くって、少し怖いこと。照れくさいこと。
でも、思い切って綴ってみますね!

実は私は、10年以上熟成モノの精神的家出少女でした。

幼少期に続いていた家族間での罵倒、精神・肉体的暴力。
小さい頃から私が何かを行動すると
「お前は何やってもダメだ!」
「運動神経0。お父さんに似ればよかったのにね。」
「そんな恥ずかしいことして!穴が合ったら入りたい。」
「どうしてこんなこともできないの!」
いろんな言葉と光景が飛び交い、それが聞くのも見るのも嫌で
いつの間にか自分の言葉より両親の気持ちを優先し
迎合して生きるのが当たり前になっていました。

その環境も、迎合している自分自身も何もかも嫌になり
10代の終わり。松本の家を飛び出し、茅野で暮らすようになりました。

さすがに私も少し大人になり、許しの瞑想や、感謝のワーク
様々なものを試した後に家出状態はひとまず2013年に終わりにしました。
年に一度は帰るようにしてたのですが、まだまだ精神的家出状態は
続いており、両親とは本心を語らず帰省しても無言を貫いていました。

しかし、その状態では人生において何の前進もありません。

なぜかフラッシュバックが起きたり、黒い雲が時折立ち篭めて
怒りでいっぱいになってしまったり、人に必要以上に気を遣って疲れてしまったり。

そんな状態に終止符を打ち、自分の人生をイキイキと謳歌したくなり
A・U・WAのカウンセリングを受けにいきました。
無言の抵抗状態では、無意識に戦い続けてしまうパラダイムから
シフトできないことを思い知り、初めてのことに挑戦することに!

それは

幼少期の自分の想いを、包み隠さず両親にそのまま伝えること!

「え!?そんなこと?」
と思われた方も居るかもしれないし

「あ〜。わかる。言えないよね〜!!」
と思われた方も居るかもしれませんよね。

私は明らかに後者。
親が気分良いか、そうじゃないか顔色を見て育ってきたので
自分の思ってることストレートに言ってはダメだという
激しい思い込みがありました。
「怒られる!何か言われる!」という思いがみぞおちの
圧迫感となり、声になんか出せる状態ではありませんでした。

でも、未完了な思いは残り続け、年を重ねるに連れて
「重荷」となり、挙げ句の果ては、知らず知らずのうちに
どんより雲を発生させる無意識下の「万年曇り空発生装置」
となってしまいます。

思い込みをカウンセリングで紐解いて、
思いを声で伝えられる状態となり(す、凄すぎる!)
いざ、帰省!

帰省早々。


ドドーン!

自宅テレビに映し出されたのは、まさかの女神!!
ドンピシャなタイミングで迎えてくれました。
あぁ、八ヶ岳の山の神さま、大地のお母さんが
応援してくれてる!と直感。
(勇気をくれて、見守ってくれてありがとう!涙)

そして実家にて、まさかの子供時代の私がつくった土器を発掘!
小学校3年生頃だった気がします。
そういえば風使い、古代の巫女や卑弥呼に憧れていたなぁ〜と
色んな思い出が蘇ってきて、その伏線で今があるのだなぁと実感しました。
「形をつぼがたにするのをがんばった!」とのこと✨

そしていよいよ、母に思いをぜんぶ放出!!

『頭叩くな!痛いんだよ!どうして生んだんだ~!
母親失格だ~!私を助けてくれなかった!!』

とワンワン鳴きながら伝えました。

父にも初めて激しく放出!

『DVなんだよ!お父さんがお母さん蹴るから、私が蹴られる!
お父さんのせいだ!気持ち悪いんだよ。謝れ~!』

父は泣きじゃくった子供を見ているような目をしながら
少し笑って小声で3回謝ってくれました。

直接長年の怒りをぶつけて、とてもスッキリしました。
さらに受けとめてもらって有り難かったです。

両親にとってみたら、私が長年心の距離をとって他人行儀だったから、
怒りを吹き出して目の前で伝えてること自体が人間らしく嬉しいことのようでした。

母が抱き締めながら

『ごめんね。色々大変だったね。がんばってきたね。』

と頭を撫でてくれました。それが一番嬉しかった。

そして夜は、母が作ったちょっと失敗作の牡蠣鍋食べて、
父とギターや三線を弾き語りし、音楽で団らんしました。
こんなコミュニケーションもあるのですね。笑
諦めずに伝えてみて本当に良かった!

幼少期の思いをご両親に言えないままに大人になった方へ。
「言えない」という思い込みを脱いで、もしご存命でしたら
両親とちゃんと向かい合って思いを伝えれば、もしかしたら
大抵の悩み事やどうして前に進めないのか?という
表面下では分からなかったことが解決しちゃうかもしれません。

翌日の八ヶ岳の青空は素晴らしく!
はるか遠くまで「青」一色!!

まるで今の私の心のよう!
とても幸せ感に満ちています。
生まれて来てよかったなー!と思いました。
そんな日々が毎日続いていくように、
これからは私が私を導き育てていきます♪

そして、ふと言葉が浮かんできました。

尊く効果ある世界変革は
今、幸せだなぁ と感じること。
幸せと感じた心の響きが
どこかのだれかを
身近な人を、今すぐ幸せにする。

胸の内をスッキリ言えた後だから湧いてくることだなぁと思います。
天の計らい、全てのタイミングとご縁、私の心の中が真っ黒になって
自暴自棄になっても信じて支えてくれた仲間、大切な人、存在。

そして両親に。
心の底から感謝します。


君こそクリエイター《創造主》キャンペーン、開祭中。
キャンペーンソング「Dragon Blows」


またひとつ。大人の階段を登ったの巻。

ありがとうございます!
おかげさまで、9月4日。
またひとつ大人の階段を登りました。
 

森の風に溶けてなくなるその日まで
色んなことを味わって、
これからも私らしく
急がず、焦らず、ゆっくりと
魂おもむくままに生きていきます🌸


というわけで
今日は二ヵ所のフィールドに
繰り出し、魚釣り!
久々に楽しかったです🐟
(釣れなかったけど。)

八ヶ岳採れたて野菜のサラダボウル。

お祝いに頂いたレモンタルト。
ごちそうさまでした!🎂

子どもの頃楽しかったことって
大人になっても、やっぱり
原体験的に楽しいことなんだよな~。
アウトドア、自然が大好きな私です♪

これからもよろしくお願いいたします✨

Anniversary≪2018≫にむけて、私の想い。

来年2018年は。
なんと、わたくし歌い始めて15周年となります。

「さらに飛んでね!」 「活躍を期待しています。」

そんな皆様の応援のお声を真に受けて、私、飛ぶことに決めました!!

今までの感謝とともにASIAの大空へと飛翔します!

願うのは一つの思い。

ASIAの平和」。

日本とアジア各国。
さまざまな想いやお互いの歴史。
私には想像もつかないくらいの悲しみも喜びも味わって来られたと思います。
しかし、遥か昔を思い返してみれば、行ったり来たり、学び合ったり
海を越えて盛んに交流が推しはかられていました。

その昔、卑弥呼が持っていたという平和を願う大切な祭祀具「鏡」も
元の技術は、海を渡ってやってきたものでした。


私の思いは、大海のちっぽけな一雫かもしれない。
でも、その一雫の成分は、大きな宇宙を構成する粒子と同じ成分で出来ています。

ひとしずくが変わったら、すごいことになると思いませんか?

創造の翼を大きく広げて、自分の制限をこえて
わたしという存在、わたしの歌を通して、やりたいことは以下です。

★有志のアジアの人たちが手をむすび、あたたかなネットワークを創造していくこと。
★ASIAの平和の一助を音楽を通して促進して、豊かな想いをつないでいくこと。

いろいろ入ってて、いろいろ美味しい。
それぞれの素材の味を楽しめる、違いを楽しめる長崎チャンポン!
そんな違いのすきまとすきまを包み、つなげあわせる「チャンポンのスープ」みたいになれたらいいな♪

15th Anniversary≪2018≫Hiroka Ashiki
 ↑↑↑↑↑
篠原Pも、展開したいことを自由に書いています。
こちらもぜひ、チェックしてみて下さい。

応援、よろしくお願いいたします!!


龍のように、飛翔✨

春の風に吹かれて。

優しい春の風に吹かれて朝イチ★ウォーク。

ふもとの桜は咲いてたけど
私のうちは、少し山際で標高が高いから、桜はまだ蕾。
でも明らかに膨らんで。もう少しだね!がんばれ!

雨上がりの野原は、美しかった。
流れた分だけ綺麗になるね。

それは、人の心も同じ。
自分のための涙でなくて
誰かを思いやり、涙を流せる人になりたい。
そして泣いたあとは元気にいこう☀

太陽も、春の風も、野に咲く草花も
道行く人の笑顔も、いっしょに散歩してたワンちゃんも。笑
みんな、やさしい。

この愛を当たり前と思わず、しっかり感じ、受け止めて
今度は私が、歌として流そう。

私の中の歌が、わたしにそう語りかけた。