闇の美しさが耀いた、村上裕子×葦木ヒロカ・オーロラの響きIN東京 大塚🌌

3月7日、東京・大塚のAll in Fun さんで
開催された村上裕子さんとのツーマンライブ
オーロラの響姫」。
ライブ開催のガイドラインを
しっかり守りながら開かれ

ライブ開催のガイドラインについて


私自身も、今持てる限りの
全力つくし歌わせて頂きました!

おかげさまで、素晴らしい夜となり
まだ会場に巡った大きなエネルギー
(何だろう。深い愛かな❤️!?)の
余韻が残り、エネルギー酔い
状態なヒロカです。笑

社会の雰囲気に飲まれず
自己判断で今回の機会に足を
運んでくださった方に囲まれました。
音楽を楽しむ空間を閉じたくはないと
英断をされたAll in Funさんの
おかげさまで、ライブできました。
本当にありがとうございます!!

歌い始めたら不安も感情もそっちのけ💓
音の海の中に、ただ身をゆだねて
あふれる音を歌い尽くしました。

うまく言葉にまとめられるか
分かりませんが、そのまま書いて
アーカイブしてみることにします。
____________________

《オーロラの響き》セットリスト

●ヒロカライブ
1.太陽の道
2.幻
3.祈り鶴 (with裕子さん)
4.ド真ん中の道標
5.JUMP THE WORLD
6.千年の森の物語

●特別ゲストみなな
みなな×ヒロカ×裕子
三重奏『ジレンマ』

●村上裕子さんライブ

1.こんな私でごめんね
2.オーロラの女神
3.Misty Night 0
4.Sleep in Stellar Light
5.乾杯
6.今日もあなたが
7.恋のうた

●裕子さん×ヒロカコラボ
1.追憶
2.消しゴムとレンズとハチミツと
3.瑞穂の大地
____________________

ヒロカライブ、裕子さんライブ
そしてコラボでの演奏!
素敵な音三昧。共通テーマとしては
“闇の美しさ”が一貫されてました。

ヒロカのライブ時間では
初めてのことも色々チャレンジ
させていただきました。

●葦木ヒロカLIVE

戦争と広島原爆をテーマにした
祈り鶴」を裕子さんのピアノアレンジで
初めて歌わせていただきました。
この曲も素敵に育っていきそうで嬉しい!

一曲目の「太陽の道」深く入れたな✨
二曲目の「幻」は、歌詞と今の世界と
私の本音がリンクして少し泣きそうに
なりながら歌いきれて幸せだった。

この日初披露した曲
新曲『ド真ん中の道標』。
3月中旬から始めようとしている
言えないことがあるプロジェクト
のテーマソングとして位置づいてます。
まだまだ成長の余地あり!
どんどん歌って仕上げてこう。

ライブ時間全体を通して
自分の音を奏でられる喜びに
あふれていた気がする。

やぱ、私は快楽至上主義。
気持ちいいことや
気持ちいい音が大好き🌸
恍惚感の中にジャーンプなのです🐸🌈

●細胞に響く音TIME



休憩時間には、
心と体と言葉、本音の”音”の専門家である
バイオサウンド研究所鈴木祐可子さんが
細胞がよみがえる、ショックを
和らげる、愛を流れる音を流してくれ
さらにそのお水を飲む体験も
させてくれました。免疫力を高める
細胞に嬉しい働きかけをしてくださり
ありがとうございます!!

●さらなる特別ゲスト登場!


そして休憩時間最後には
3月7日・みななの日を迎え
オンラインにて今後の活動の
意思表示&大発表をした
みななちゃんがまさかの乱入⁉️✨✨
(いえ、特別ゲストです!)

一緒に
みななちゃんギターボーカル
✖️裕子さん(ピアノコーラス下)
✖️ヒロカ(ギターコーラス上)

で『ジレンマ』を三重奏で歌いあうの巻。

いまきっと、ジレンマと闘っている人はたくさんいるのではないかとおもいます。かくいう私もそのひとり。ピアノ村上裕子さん、ギター葦木ヒロカさん。3人の思いが力強い歌になったと感じます何より、気持ちよかった笑笑

深見 菜々子さんの投稿 2020年3月8日日曜日

ジレンマに満ちた世界に。
本音で生きる尊さを解き放てたかな⁉️
最高に気持ちよかったです❤️

(裏話:みななちゃんが配信会場から
移動してきてすぐに歌えるように
私のギターを仕込んで用意しといたの
だけど、カポタストという道具が
足りない事件発生!私が諦めて
ギターを弾くの止めようとしたら
会場のall in funさんが
「ちょっと待っててください!」と
ご用意くださいました。神です!!
本当にありがとうございます。涙
使いなれてなくて、弾きながら
2回ぐらい調整しましたが、
歌いきれてよかった!)

●村上裕子LIVE



クラッシックに慣れ親しんできた
裕子さんの音楽世界観100%丸出しの
歌声と本音ダダ漏れのライブに
何というか、ただただ
圧巻!!圧巻!!圧巻!!!
拍手をさせず歌い切ってくださった
組曲「闇」はもうね。
裕子さんの真骨頂でした。
「ずるい!」なんて思う暇もなく
いつの間にか涙が頬をつたいます。
クラシカルゴシックの世界。
堪能させていただきました。涙

●村上裕子×葦木ヒロカ

「追憶」 葦木ヒロカ
「消しゴムとレンズとハチミツと」 村上裕子
「瑞穂の大地」 響姫-hibiki-

を裕子さんと歌いあったのですが…

裕子さんに私が高校時代に作り
歌えずにいた「追憶」という歌を
クラシカルゴシックピアノアレンジを
していただきハモっていただくことで
心のうちが救われる気持ちになりました。

私、今まで心の傷にだけは触れないように
生きてきたんだなあと昨年末あたりから
ドドドドーっと気がつきまして。
持ってるのに、持ってないふりして
歌うから、本音の声が出なくて不協和音。
もう逃げられない!とお手上げ状態になり
逃げずにこの3ヶ月向き合ってきたらから、
裕子さんにサポートしていただきながら
歌った「追憶」が、会場のみなさんの
ハートに届いたような心地になりました。

そもそも痛みがあったこと。
その痛みからしか世界を見てなかったこと。
痛みは自分が生み出してたこと。
自分への愛だったこと。

それも包み隠さず
本音で生きるから、愛があふれる。
だから本音の音になって、それにより
みんなで気持ちよく響きあえるんだ✨

痛みがあることを認め、
それも愛だと知れば、
痛みをそのまま歌える。表現できる。
そこには信じられないくらい美しく、
エグく、深く、気持ちいい世界音楽が待っていて。

その世界は実は前からすでに大好きだし。
自分の音も、響きあえる素敵な人の音も
大好きなんだなって感じあえた最高な夜。。。

やっぱり私、音を愛してました😭

まるで痛みの処方箋のような
「消しゴムとレンズとハチミツ」の
ハーモニーも内容も美しかったし。

作曲家・長岡成貢さんが作られた
「瑞穂の大地」を、裕子さんと私と二人で
歌姫合唱団・響姫-hibiki- として
歌いあえたのも最高に幸せでした!!

次回の裕子さんとのコラボはこちら
▼▼▼▼▼

★3/20(金)【信州・茅野】葦木ヒロカ×村上裕子LIVE オーロラの響き in 信州


ライブ開催のガイドライン
しっかり守りながら開きます。
自己責任となりますが来た人は
心震えること間違いないライブです✨

長くなりましたが
以上、感情あふれるライブレポートでした!

Photo協力:Masashi Shinohara/Makoto Okubo/
Takeshi Fujita/Yasuhiro Sasaki/Meguminote

**************************

●おまけ、オフショット

みななちゃん、乱入❤️笑

めぐみのおと さん、来てくれてありがとう❤️
かわいいエビせんべい🦐もありがとう!!
響姫4人で。出席率良いっ✨

いつもなぜか両手に花だらけなマックさん。笑

佐々木さんが撮ってくれた
この表情、好き❤️

ジャンプの練習をしてきてくれた麻美さんと
会場でジャーーーンプ🐸🌈

P.S
裕子さん、歌の内容もピアノも凄すぎて
リハの時から少し私実は緊張してた。
でも本番歌ったら楽しくて
この音最高!!
いっしょだから気持ちいいー!!
って不安も緊張も何もかも
全部ぶっ飛んでよかった。笑
気持ちいいを純粋に追求すれば
何もかも素晴らしいことになる。
うん。そうなのだ✨


関連記事


おすすめ記事