• 2017.07.04

だからみなさんも絶対、大丈夫です!


MEGAMI MUSICプロデューサー篠原です。主に葦木啓夏の音楽活動の支え役。いろいろトータルプロデュース、作詞、場合により編曲(アレンジ)などもしています。時折、イベントプロデュース、もろもろのコンセブトデザインもしたりします。つれづれなるままにブログを書いています。


7月1日「妻の洗脳体験から学ぶ【続・インテグラルライフのすすめ】
7月2日「よかったら僕の話を聞いてください♪
7月3日「僕の話を聞いてください~其の二~

に関係してるんだろな。ならば書いておかないといけないことがあります。また僕個人的なことでもあるのでよろしければお付き合いください。

小学校の頃、夏休みになると諏訪湖の近くの母の実家に追いだされて夏休みを上諏訪で過ごしました。家は山荘なので夏が忙しく僕が邪魔だからという話でした。そう、祖母と過ごす夏休みは僕の夏の定番でしたね。祖母はよく山荘での出来事を僕に聞いてきました。僕はさしさわりのないところで母と父の喧嘩のことを話したように思います。「お母さんを助けてあげて」というのが祖母の口癖でした。小学生だった頃の僕にはチカラがないので助けられるかわからないけど助けたいと思ったと思います。きっとその祖母の思いは僕の中に諏訪湖の面影とかさなり浸透していたのだと思います。

そういえば・・・最近、この感覚の近いことを思い出しました。ゆりの前の旦那さんのアキヒコさんと最後に会ったのが2012年7月でした。その時は松本でのライブ(虹のチカラのライブツアー)でしたがその松本ライブはいろいろ混乱しました。啓夏の路上ライブの頃の仲間がライブの妨害にやってきたり、いろいろなことがありました。啓夏も苦しそうなので、僕の判断でライブを中止しようとしました。アキヒコさんからは「ありがとう」を聴きたいと何度もライブの再開をお願いされました。結局、僕はアキヒコさんの説得に負けてライブを再開し、最後に「ありがとう」を演奏しました

ライブ終了後、アキヒコさんは僕のところに来て「ありがとうございました!ゆりのことよろしくお願いします!」と言っていました。あ~今から思えばいろいろな意味が含まれた言葉でしたね。それがアキヒコさんとお会いした最後となり、アキヒコさんはその後、精神的にも、肉体的にも大変な状態となってしまい、自ら命を絶たれてこの世を去りました。なんとなく「ゆりをお願いします」はアキヒコさんから遺言のような気がして大事にしてきました。

またその時の2012年7月の松本ライブは混乱しましたが、その背景には啓夏が路上ライブを始めた頃の路上ライブシーンの裏事情があります。啓夏が路上ライブをはじめた頃、その頃は路上ライブアーティストのランキング番組をテレビ朝日が放送していたこともあり路上ライブシーンは今では想像できないほど盛り上がっていました。そしてそうなるとそうなるんですね。路上ライブシーンは大人たちの高校生の狩り場と化していました。タダで高校生に近づける場所、それが路上ライブシーンであり、そこには沢山の問題がありました。例えば、薬物の汚染も身近でした。啓夏自身は薬物に手を染めずいましたが、そうした仲間たちとの交流もあり危険な状況であることに変わりなく、僕は啓夏がそこから這い出すサポートをしました。そのことで複数人から恨まれたりもしましたが、結局、それで良かったと思っています。

「お前はキレイごと言っても所詮、俺たちと同じ汚れた人間だ」と言われながら啓夏は諏訪(茅野)に引っ越してきました。

祖母の「お母さんを助けてあげて」とアキヒコさんの「ゆりのことよろしくお願いします!」は僕の中でなんとなくシンクロします。そして啓夏を助けたいと思い、泥沼から抜け出すサポートをしたことも重なります。おそらく僕はこの三つのプロジェクトを引き受けて今日に至ったのだと思います。

祖母の願いも叶い、母は平安に生きています。
アキヒコさんの願いも叶い、ゆりも平安に生きています。
いろいろありましたが啓夏も元気に生きています。

無事にプロジェクト完遂です。

あれっ、そして僕は?僕自身はどこにいるのか?どういう結果を得たのか?僕自身のことをあまりよく考えてなかったようにも思えます。でもとても大事なことに気がつきました。おそらくこの三つのプロジェクトを推進してきた僕は誰よりも僕自身を助けたのだと思います。この三つのプロジェクトの背後に一番大事なプロジェクトが隠されてきたのだと思います。それは自分を自分自身で救い出すプロジェクトです。これが裏テーマ。実のところ多難な人生を体験した自分を自分で救うためのプロジェクトだったのですね。

結局のところ自分を助けてあげられるのは自分だけです。そのことに気づきます。別の視点で言えば自分を病気に出来るのも、癒すのも自分しかできない。自分を惨めに、悲しく出来るのも自分だけ。自分以外に自分を不幸にできる人間は誰もいないのです。ほんとに自分だけです。自分を幸福に出来るのも自分です

母も、ゆりも、啓夏も結局のところ自分自身の投影です。自分の中にも、外にも未完成、様々な欠陥があるような感覚で生きてきましたが、その感覚すらも統括している完全無欠なソースが自分のなかにあり、そのソースがすべての物事を無駄なくベストな形で活用しています。そのことに気づけたのがなによりです。これに気づくことが自分で自分を救い出すプロジェクトのキモ部分です。これで人生の大きな謎がひとつ解けました!!

僕の人生、結局、全然、大丈夫です✨(⌒‐⌒)
だって自分こそ自分の人生の救世主ですからね!一番強い味方が一番近いところにいますから。

誰の中にもこの無敵の救世主はいますね。だからみなさんも絶対、大丈夫です!!





おすすめ記事

お祝いシンガー 開業、開店、開院、開会、周年祝い、結婚祝い、地域の祭、祝賀会等あらゆる『お祝い』に!!
遺跡コンサート 遺跡コンサート~魂の交差点~
光合成LIVE 光合成LIVE
君こそ創造主キャンペーン 新曲・Dragon blows を感じて、クリエイトしよう!
SBCラジオ「スワンダフル」 八ヶ岳山麓から諏訪湖エリアのワンダフルな情報をお伝えします。
愛・創世記 プロデューサー篠原のブログ
youtube チャンネル登録 youtube チャンネル登録はこちらから
千年の森の物語 初音ミク piapro(ピアプロ) 千年の森の物語【初音ミク】

ピックアップ記事

  1. 2017.10.18 | ライブ情報

    【10/28(土)信州・上田】葦木啓夏 喫茶風香Live
    葦木啓夏(あしきひろか)コンサート IN上田…
  2. 2017.10.03 | ライブ情報

    【10/7(土)信州・蓼科】葦木啓夏コンサート&真健康セミナー(ベジランチ付き)
    葦木啓夏コンサート&真健康セミナー(ベジランチ付き)…
  3. 2017.09.14 | イベント

    【10/8(日)信州・茅野】縄文5000年祭/縄文の里コンサート
    【縄文5000年祭/縄文の里コンサート】縄文…
  4. 2017.09.07 | ライブ情報

    【9/23(土)石川県能登】真脇遺跡 秋のお祭り(秋分の日)
    【能登町/真脇遺跡 秋のお祭り】9月23日(土)…
  5. 2017.09.06 | ライブ情報

    【10/1(日)飛騨高山】葦木啓夏コンサートin 位山
    葦木啓夏コンサートin 位山(飛騨高山)日時…
お問合せ