掲載情報・長野日報 信濃毎日新聞

📰掲載情報📰

信州 諏訪地域で
一番読まれている長野日報さんに
記事を掲載していただきました。

今までの地域での活動の歩みを
見守っていただいてるからこそ
書ける文面に、優しさと愛情を
感じました。

丁寧に書き下していただき
本当にありがたいです🙇‍♀️
どうぞ、読んでみてください。

________

6月16日 長野日報 朝刊

【茅野在住のシンガー葦木さん
47都道府県巡るライブツアーへ】
ー軽キャンピングカーで一人旅ー

茅野市在住のシンガー葦木ヒロカさんが19日、軽キャンピングカーで47都道県を巡るライブツアーに出発する。米ニューヨークで収録した新曲「Jump The World」を携え、一年余りかけて全国津々浦々に届ける初めての一人旅。待ち受ける出会いと交流に胸を踊らせている。

葦木さんは、活動15周年に当たる2018年、音楽プロデューサー長岡成貢さんの勧めで渡米し、同曲をレコーディング。葦木さんの活動を15年以上支えてきた篠原正司さん=茅野市=が作詞、長岡さんが作曲を手がけ、現地のエンジニアやコーラスグループと作品に仕上げた。

旅に出るのは、応援歌の新曲を「みんなに届けたい」と思ったからという。全国各地で地域に根差した音楽活動を続ける「歌姫」と交流し、コンサートを開く。また、旅先で出会った人々と1000人を目標にジャンプする写真を撮影。「ジャンプの聖地」としてSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で発信し、地域を盛り上げる。

”相棒”の軽キャンピングカー「カエラ号」にはソーラーパネルを搭載し、太陽光で発電した電力を使う「光合成ライブ」を開くことができる。車体には「ジャンプ歌姫一人旅 アジアのご縁長者ヒロカ」と書いた。出会った人々のメッセージやスポンサー名も書き込んでいく。イベントのために数回地元へ戻るが、1年間を通じて旅の暮らしが続く予定だ。

葦木さんは「歌姫のみんなに会えるワクワクと、これから起きることへのドキドキ、ハラハラがあります」と語り、「全国の皆さんの背中を押す応援歌をお届けし、たくさんのご縁を紡ぎながら、一歩を踏み出す小さなジャンプのお手伝いができれば」と笑顔を見せる。

◆17日壮行ライブ

17日午後7時からウッドペッカー(茅野市塚原)で壮行ライブがある。

19日午前10時から諏訪市の諏訪大社上社本宮で安全祈願を行い、中京方面へ向けて出発する。新曲の発売は7月20日。都内で記念ライブを開く計画だ。

500万円を目標にクラウドファンディング(CF)も行なっている。お問い合わせは篠原さん
(電話:080・5108・9444)

 

 


6月13日 信濃毎日新聞 朝刊


自撮りジャンプ写真の撮影方法&ポイント解説 | 葦木ヒロカ
http://hiroka-ashiki.space/2019/04/23/jompphoto-kotsu/


⭐︎ジャンプ歌姫 軽キャンピングカーで一人旅。
新名所「ジャンプの聖地」を日本中につくりたい!

これは、6月19日に信州を旅立った
私の新しい冒険のタイトルです。

内容はこちら
▼▼▼▼▼
https://peraichi.com/landing_pages/view/jumping-frog


関連記事


おすすめ記事