西方にひろがる祝いの旅路。その2。



西方にひろがる祝福の世界。
海はヒロカ、空はヒロカ、心もヒロカ〜🌸

どうも。ヒロカです♪

西方にひろがる祝いの旅路。その1。
の続きとなります。

では、物語のはじまり はじまり〜。

*********************

12月3日の早朝!
さあ、やってきました!
兵庫県赤穂市 坂越の浜


幽玄な空気。なぜか、心ゆさぶられる魂のふるさと。
西日本をめぐるときには必ず休憩で立ち寄る、大好きな聖地です。
聖徳太子の知恵袋であり芸能の始祖である・秦河勝が眠る
生島うかぶ坂越の浜。

そして、この海をみつめると一句いつも詠みたくなります。

生島で 瞼閉じれば よみがえる
常世をつなぐ かの人の風       By 宇宙はヒロカ

12月3日の午前中は、念願叶いまして
この坂越の浜からほど近い「大避(おおさけ)神社」で
奉納演奏をさせていただきました。

今回、私と大避神社さんとの仲を取り持ちながら
奉納演奏の段取り、赤穂コンサートを形にしてくれた
古代史探索家・平津豊さんが、神社の紹介も含めてたっぷりと
写真記録&文章化してくださったので、そのままご紹介させていただきます♪

 

12月3日、兵庫県赤穂市の坂越(さこし)の大避(おおさけ)神社にて、
葦木啓夏(あしきひろか)さんの奉納演奏が行われました。
彼女は長野にお住まいですが、たびだび坂越の浜を訪れています。
この浜に立つとなぜか懐かしい感情になるそうです。
また大避神社の生浪島宮司との交流もあって、今回の奉納演奏の運びとなりました。
宮司さんは、わざわざ祝詞を作ってくださり、午後に行うライブの成功を
ご祈祷していただきました。



最初は、少し緊張気味の啓夏さんでしたが、歌いだされると美しい声が
社殿内に響き渡って震えました。こういう小さな空間で彼女の歌を聴くと、
あらためてその声量に驚きます。いつものステージとは違う啓夏さんの
一面を見れて、幸せでした。氏子のみなさんにも参加していただき、
大変、意義のある奉納となりました。これから啓夏さんと大避神社の関係を
さらに深めていくお手伝いができればと思っています。


さて、この大避神社について少しだけ説明しておきます。
ご祭神は秦河勝で、坂越湾に浮かぶ生島にある古墳が秦河勝の墓と云われています。
世阿弥が記した能の理論書である『風姿花伝』には、聖徳太子がものまねを
秦河勝に演じさせたのが猿楽のはじめであること。秦河勝は赤子のときに
壺に入って流れ着き、成人して活躍し、大臣にまで登りつめた後、最後は、
うつぼ船に乗って坂越の浦に着いたと書かれています。
私は、陳大王の娘である大比留女や古事記の神功皇后やギリシャ神話のダナエなどの話から
「うつぼ船」とは、罪人を流刑するための窓も入り口もふさいだ船を意味すると考えています。
つまり河勝はヤマトからこのハリマに追放されたと思うのです。それは備前の同族である
秦氏を頼ってのことでもあったでしょう。また、大避神社は、国重要無形民俗文化財と
なっている船渡御祭でも有名ですが、この船の数は12隻です。大避神社の井戸も12の壁で
囲まれ、階段も12段です。これらは、キリストの12使徒、さらにイスラエルの12支族を
暗示するものと考えています。
明治41年、佐伯好郎は『太秦を論ず』という文献で、太秦にある大酒神社の古名である
「大辟」とは、「大闢」のことでありダビデと読むこと、「大秦景教流行中国碑」が
中国の太秦寺にあることなどから、秦氏はユダヤから日本に流れ着いたイスラエルの
遺民であるとの説をとなえました。この坂越の大避神社の「大避」も「大闢」の変形と
考えて良いと思います。この秦氏について私は、イスラエルの失われた10支族が
日本に3回たどり着いていて、秦氏はその3回目の流入であり、
大陸を長く旅するうちにキリスト教が追いついてしまい、ユダヤ教とキリスト教が混在した
文化を持っていたと推測しています。ご興味がある方は
◆ミステリースポットの「秦氏を追って」
または、◆淡路島に残るイスラエルの足跡をご覧下さい。(古代史探索家  平津豊

さすが古代史探索家の平津さん。神社の背景まで詳しく書いてくださいました。
(イワクラハンターと勝手に命名してしまいごめんなさい💦笑)

芸能の神様への新たな誓いと決意をこめて
「太陽の道」「御柱祭の木遣り唄」を奉納したひととき。
いろんな意義を感じ、その場にいっしょに立ち会い
見届けてくださり嬉しかったです🌸

宮司さん、氏子のみなさん、温かく受け入れてくださり幸せでした!
お立ち会い頂いた美知子さん、佐古さん、藤立さん、ありがとうございました。

 

**********************

兵庫県赤穂・御崎に位置する桃井ミュージアムでアフタヌーンライブ。

海が見える素晴らしい環境のミュージアムです!
お茶やコーヒーをいただきながら、みなさんにお楽しみいただきます。
壮大な唄を盛り込んだ第一部、そしてゆったりした曲が続く第二部。
二部制でお届けさせて頂きました。

おかげさまで、とても心地よく
まるで海になったような気分で、ひろびろと歌わせてもらいました。

みなさまから様々なご感想を寄せてもらったので、ご紹介させていただきますね!

・大好きな葦木ヒロカさんのライブを赤穂で行なわせていただきました。
たくさんのみなさんにおいでいただき、ありがとうございました。
ヒロカさんの歌を聞いて、涙を流されていた方もいらっしゃいました。
このような光景を見ると、主催者冥利に尽きます。彼女の歌は本当に心に響きます。
ライブが終わって2日がたちますが、まだ、頭の中で「Dragon blows」が
リフレインしています。[平津豊さん]

・記憶に残る美しい声と歌詞に感動💞🍂 楽しかった〜✨ [C.Sさん]

・赤穂御崎での葦木啓夏さんのコンサート。
主催された平津さんが啓夏さんの歌が好きなわけ、すごくよくわかりました!
というか、不覚にも一部でこの曲で鼻水までズルズルになってしまいました。
イワクラ、神社♡な方は同じように響くと思います。ご本人から発せられる
オーラは半端なく、この方のコンサートはご神事だと感じました。
海と山の命の源を感じ、繰り返す歌詞のリフレインに、ああ、これは父が聴いてるな、
聴きたかったんだなと…。赤穂の穏やかな海を背中に感じていました。
海の諏訪から山の諏訪へとつながっていると…。[Kさん]

・啓夏さんの歌に毎回のことながら泣かされそうに!
私の、と言いますか…私たちの抱えている病は国内の患者数が130万以上と
決して少なくない病ですが、普通の人にも起きる特性上、医者にすら理解されない病で
自分たちなりに理解していただくための苦労をしていました。
苦労して足掻いて、それでも仮病扱いされ地下に落下したとき、啓夏さんの歌に励まされ
何とか今日まで生きてきました。闘病中の母親も同じくです。
赤穂でそのお礼が言えてよかったです。本当に感謝無限大!ありがとうございます!
一部でかなり泣けたため、二部からはセットリストを書くことで泣かないようにしてました(笑)。
まだまだ成長出来ないまま過去に縛られている私たちですが、それでも生きていていいんだと
思えるありがたい時間でした。・°°・(>_<)・°°・。左手を仕事で痛めていたので、
右手だけですが皆さまと一緒に「よいさーっ!」と出来てよかったです! [明日香さん]
ブログも更新してくださいました。→ ◆レポート 赤穂ライブ in 桃井ミュージアム

みなさん、ありがとうございます!!
たくさんの愛を受け取らせていただきました。

自分のために歌い始めた歌が、
誰かの心を癒し、ときに無条件で奮わせ、生きるチカラを与える。
すごいことだなぁと実感します。

この地球に生きていること、生まれて来たことを祝福し

輝かしい命の存在の喜びを、唄を通して祝い合う。

芸能の神様に誓ったこの思いを乗せて、
そんなライブ空間を、これからもますます湧き起こしていきます!

**********************

アフタヌーンライブ終了後、平津さんに、桃井ミュージアムから
すぐ近くの伊和都比賣(いわつひめ)神社にご案内いただきました。


黄金色に輝く世界を、ただただ、恍惚と眺める。

西方の海の彼方には、祝福された世界が広がっているそうです。
昔のひとはそれを「浄土、彼岸」と呼びました。

しかし、生きながらにして私たちはすでにもう
生まれた瞬間から、祝福された存在なのだと思います。
美しい夕陽をみつめながら、そんな感覚を思い出していました。

ちょうど干潮で、畳岩(鸚護岩)と呼ばれる海辺の岩に渡ることができました。

実は、ご存知の方も多いかもしれませんが、私の本名は「美咲(みさき)」です。
伊和都比賣(いわつひめ)神社の女神さま・伊和都姫の別名は
御崎(みさき)明神なんですって♪

『ミサキ』という言葉は、海辺の突端で、天と地、あの世とこの世の境目をつなぐ
という意味を持った海人(アマ)族の言葉なんだと聞いたことがあります。

ミサキの思いを胸に持ち、ヒロカとして、これからも生きていきます🌸

この海で生まれたすべてのもの
この海に満ちてるすべての音
生まれ変わる 巡ってゆく あたらしい私
安らいで とけてゆく
この風に とけてゆく

~『光合成』収録曲「愛」より~

********************

12月ラストのオススメライブ!


◆【12/16(土)大阪】キララホールLIVE
いのちの輝きを歌い上げる、それぞれの世界観をもった
アーティストが勢揃い! あなたとの出会いをお祝いします。


◆【12/23(土)兵庫・宝塚】葦木ヒロカ★クリスマスコンサート in 宝塚
2017年クリスマスはアース & スペーシーな時間をお過ごしください♪
この地球に生まれて来た喜び、いのちの輝きを祝い合いましょう!



君こそクリエイター《創造主》キャンペーン、開祭中。
キャンペーンソング「Dragon Blows」



関連記事


おすすめ記事