Shall we dance? 最高な挙式に、言葉と歌の花束を。


2017年11月25日。土曜日。
わたくし、初めて本格的な「結婚式の司会&お祝いの歌」というお仕事させていただきました!
今まで、結婚式のお祝いで歌ったり、記念式典のお祝いで歌う「祝い歌シンガー」として出動することはあったし、イベントで司会進行を頼まれてすることはあったのですが、結婚式場で0〜100までその場を声と言葉でタイムキープし、大切なひとときを盛り上げる「ブライダル司会」をするのは、生まれて初めてのことでした。

思えば、小学校の頃は伝えたいことがあっても顔が真っ赤になっちゃって挙動不審で思っていることを言えなかったし。
高校のときは演劇部でしたが「滑舌わるい」のが定評。涙
二十歳になりたての頃は気持ちが焦ってロレツが回らずよく噛むことから「カミサマ」とかみんなにイジラレて笑われてたなぁ。汗

もう!うまく言えないから、歌って伝えるの〜〜〜〜!!

そんなスタンス取っていた私が、
まさか、ラジオやることになるとは。
そして、一生に一度の晴れ舞台の
ブライダル司会やることになるとは!

カミサマ?神様?オツなことしますね。

というか、自分で心の底で願ってたんだろうなぁ。
思ったこと、思ったまま、思いっきり伝えられる様になりたい!!
そうゆう未来が欲しい!!!って。

まだ甘噛み(?)は否めませんが、あの頃の私に言ってあげたい。

お〜〜い。けっこう伝えられるようになってるよ〜〜〜〜!って。笑

ご縁ありまして、新婦と親睦の深い長野市中条の河西薬局さん→ 中条の私の親戚のおばちゃん→ 私という経緯で今回の流れとなりました。

新郎新婦はこのお二人!

綿貫龍一さん・幸さんです!!

じつは、綿貫龍一さんと幸さんは、社交ダンスのスペシャリスト!!!

新郎の綿貫龍一さんは長野県中野市ご出身で、スタンダード・ラテンA級。2015年の全日本選手権では全日本チャンピオンになられたり、今年はシニア2という部門でイタリア・サルソマッジョーレで開催される世界選手権の日本代表に選出され、興味がなくて辞退されたという実力の持ち主!さらに太極拳は、習い始めた翌年に長野県代表として全国大会へ。
来年も出場がきまっているそうです。

そして新婦の綿貫 幸(さち)さん、水野瞳さん(ダンス名)は長野県塩尻市ご出身で、日本女子体育大学 競技ダンス部に入部しプロにスカウトされ、大学卒業後、JBDFのプロとしてデビュー。ドイツ・イギリスにダンス留学をされて、全日本セミファイナリストとして15年間現役生活を送り、審査員資格を取得され、引退後は社交ダンス、競技ダンスの楽しさを伝える仕事をはじめられ「水野瞳ダンス教室」で指導をされているバリバリのプロダンサーです。

正直、そんな素晴らしいお二人の挙式を私がやっていいものか少し悩みました。
そして、ブライダルは初めてであることをそのまま幸さんに伝えたら

「いいの いいの!
 間違えても何も言わないし、全然構わないから。楽しくやってね❤」

とおっしゃって下さったのです!
チャレンジしようと思えたのは、幸さんのこの一言があったおかげさま。

温かく優しいお二人のために、私が出来ることを120%出し切ってお力になりたい!
またとない結婚式・披露宴を創り上げた後の世界を、私も一緒に眺め、共有したい!!
そんな熱い気持ちを持たせて頂いたのでした。

シナリオづくり、お二人のプロフィールづくり、お電話の打ち合わせ。全部の過程がとても楽しく、やりがいがあるものでした。

ダンスが大好きなお二人の結婚式・披露宴なので、お集りになられてる方もその道の関係者の方が多く、それはもう華やかで♪

ダンス!

ダンス!!

ダンス!!!

余興第一部、第二部が設けられ、スペシャリストのみなさまが次から次へとすばらしいダンスをご披露くださいました♪

「ワルツ」「タンゴ」「サンバ」
「スローフォックスロット」「クイックステップ」
「ルンバ」「チャチャチャ」

生で見るの、初めて!

社交ダンスって、こんなに種類があったのですね。
私は実は熱血?ラテン系なのか、タンゴ、ルンバになると自然とカラダの中が踊っていました。笑

様々な曲調にあわせ、みなさまが魅せてくださるキレのある踊りの数々に、もう始終、惚れ惚れ。

そして、写真はないのですが、私が「千年の森の物語」を歌い、そこに長野県太極拳の会のみなさまが踊りをつけて踊って下さったコラボレーションのひとときも!
ゆるやかな動き、剣の舞。大変美しくて、みなさまの動きを感じながら、とても気持ちよくお祝いとして歌わせていただきました♪

どのシーンも素晴らしかったのですが、特に感動したのは新郎と踊りのパートナーさんが「太極拳とパソドブレ」のミックスで踊られた

魂のルフラン」!

アニメ・新世紀エヴァンゲリオンのテーマソングですが
(新郎新婦が大好きなんですって!私も大好きです!)


踊りとめっちゃ合う!かっこいい!

そして、黒との衣装と剣が、最高でした!!!

もう、司会席から大興奮してしまいましたよ❤😍

お二人の披露宴の特徴は、新婦ではなく
新郎がたくさん早着替えをされ、誰よりも踊り続けるところ!
おそらく龍一さんは15曲以上は踊られていたと思います。(す、すごい!)

すばらしいショーを、、、いえいえ!
心に残るすばらしい披露宴を、本当にありがとうございました。

すべてを踊りきった後、

「いや〜楽しすぎる。来年もっかいやっちゃいますか!✨」

と額に汗を流しながら満面の笑みを浮かべた龍一さん。
キラキラ輝いていました。

お礼のご挨拶も、本当に、新郎の優しいお人柄滲む感動的なものでした。

龍一さん 幸さん、お父さま お母さま、ご親族のみなさま、お友達のみなさま、お仲間のみなさま、お仕事のつながりのみなさま、ダンスつながりのみなさま、この度は大変おめでとうございました!

メルパルク長野のみなさま、音響照明のみなさま、スタッフのみなさま、本当におつかれさまでした!

あの空間にいらっしゃったすべてのみなさまといっしょに温かな時間を生み出すことができ、幸せを私も胸一杯に感じさせて頂きました。
つたない司会ではありましたが、皆さんのお力添えをたくさん頂いて本当に助かりました。
新郎新婦、ご家族のみなさま、ゲストのみなさま、喜んでいただけたみたいでホッとしました。
「いい声ね。」「いい歌で感激しちゃった!」と話しかけてくれた方もいて、本当に嬉しかったです。ありがとうございました♪

P.S
実は私の父の兄(私のおじさん)も、社交ダンスの先生をしていて、芦木ダンススクール(→ 参考リンク)という教室を開いています。
背筋がピンと伸び、スラッとしたおじさんの立ち姿に小さい頃そういえば憧れを覚えていたなぁとみなさんの踊りをみていて思い出しました。
会場にいらした方とそんなお話をしたら、なんとおじさんのことを知っていて!びっくりしました!世間ってせまいもんだなぁ。


君こそクリエイター《創造主》キャンペーン、開祭中。
キャンペーンソング「Dragon Blows」



関連記事


おすすめ記事