ランプは暗闇の中でこそ輝く。

仄かな色合いに誘われて。
岡谷市の福祉授産施設に併設されている
Engawaカフェを会場に開かれた
ひょうたんランプワークショップに
行ってきました。

前からとても楽しみにしていたこの機会。
ワークショップ自体はとても楽しく、
来ている方も素敵な方ばかり。

でもなぜか、この日は朝から私の心が泣いていて。
どうしてかなぁ?と思ったら、

『人のために、人のニーズに応えられる
自分になるために。そうゆう一見良いような
言葉の隠れ蓑に込もって、ほんとは迎合するのが
楽でそれを選んできた。自分の表現を貫くことを
怠けてきた。怠け者なんだぁ~~!

自分として生きることが、本当は物凄く
やりたい事なくせに、それが否定されたらどうしよう。
そんなの意味ないよって言われたらどうしよう。
ああ、また外部に頼ってる。
なんて弱く依存体質な人間なんだ~~~~!』

そんな悶々とした想いが絶賛放出中
だったからかなぁと思います。

感情が重たく、外は雨模様。

『あぁ。このまま寝てたい。。
でも楽しみにしてた機会だし!』

そんな体の反応を押し退けての参加でした。

長野市から来てくれた岩崎純子さんが
作り方を教えてくれ、みなさん黙々とまるで
『カニを食べてる時みたいに』
自分の世界に浸りながら、ひょうたんランプの
彫りを作り続けました♪

私も悲しい感情を一旦置いて
黙々と、穴を開けて、ほりほり。

なんのイメージもないままに作ったんですけど
なんか顔っぽいのついて、ゆきだるまみたい。
ひょうたんだるま?

あれ、なんか似てる?笑

そして

完成!!

ひょうたんこちゃん!被らせてもらって
テンションあげてみる✨笑
ひょうたんラブな岩崎先生のオリジナル被り物♪

そして、電気を消して灯りをそっとつけてみると・・・

うわ~~!!!

めっちゃ綺麗~~~~!!!!✨

みなさんそれぞれの人生観、世界観の中でつくられた
世界でひとつのひょうたんランプが、
キラキラと、それぞれの輝きを放ちながら
響きあってました。

【ひょうたん縁起】
末広がりの形をしたひょうたんは、古来よりとても縁起の良いものとされ、除災招福のお守りや魔除けとして広く用いられてきました。 3つ揃えば三拍(瓢)子揃って縁起がよい。 6つ揃った「六瓢箪」」は、無病(六瓢)息災のお守りになるとされます。
ひょうたんに絡むキーワードは、「水(水神)」「生命」「健康」です。

なるほど~~!!

寝る前に見つめてたら、なんだか元気出てきました♪

私のひょうたんランプに刻まれた紋様は
ハート、渦巻き、雫。そして顔。

“ランプは暗闇の中でこそ輝く。
暗闇があるから光がみえるんだよ。
そして、暗闇の心の灯りを灯すのは
涙を流したあとの自分自身ですね。”

ひょうたん女神がそう語り、優しく見つめてくれてる。

そんな気持ちになって、ウトウトと夢の世界に
入っていったのでした。

主催の井出景子さん。
教えてくれた岩崎純子さん。
エンガワカフェさん。
お会いできたみなさん。
ありがとうございました♪


君こそクリエイター《創造主》キャンペーン、開祭中。
キャンペーンソング「Dragon Blows」



関連記事


おすすめ記事